FC2ブログ
ほいくえん たんぽぽのくに (堺市三国ケ丘)
たんぽぽのくにの日々のようすです。
たんぽぽのくにでは、毎月「生活習慣・学習・食育」の3つの保育テーマを設定し、
月齢に合った内容で楽しみながら取り組めるようにしています。
12月のテーマは、こーんなふうに取り組みました!

生活習慣「おかたづけをしよう」
朝の会で、見本になったり…
PC153970.jpg

先生と競争したり^^
PC133873.jpg

片づけをがんばったら、シールが貼れるよ!
PC224100.jpg
なぜだか、シールは子どもたちには大きな魅力になるようですね^^

片づけチャンピオンに選ばれた子は、かんむりでお祝い☆
PC254167.jpg
子どもたちが、楽しみながら片づけに取り組めるような関わりを心がけています。

1つ1つ丁寧に、ブロックなど組み立てられるおもちゃはバラバラに、部屋のすみにおもちゃは落ちていないか…
「優しく片付けてくれて、おもちゃさんがニコニコしているよ^^」
「すみっこで、おもちゃさんが泣いているよ」
など、おもちゃを擬人化して伝えることで、子どもたちの片づけへの意欲が、より増したように思います。

学習「ルールを覚えて遊ぼう、生活しよう」
階段を上るときは、手すりを持って…追い越さないで、お友達と一緒に上ろうね。
PC043366.jpg
など、生活のルールを1つ1つ確認しました。

簡単なルールのある遊びにも取り組みました。
PC143928.jpg

楽器に合わせて、歩いたり止まったり。
PC133881.jpg
たんぽぽのくには、異年齢保育です。
こちらの遊びは、たんぽぽ組の中で低月齢の子どもたちも理解して楽しめていました。

先生のお尻のしっぽを、つかまえろ~!!^^
PC133879.jpg
お尻のしっぽを取るというルール遊び。
高月齢の子どもたちは、先生だけでなく、子ども同士で楽しめる姿になっています。

フラフープで電車ごっこ☆
PC053387.jpg
初めは、先生がそばでしっかり見守ってスピードの調整をしたりしていましたが、
繰り返すうちに、一緒にフラフープに入っている友達の様子に合わせられるようになってきました。

高月齢の子どもたちは、ちょっとしたルールが遊びが楽しくなるスパイスに。
かといって、例えば鬼ごっこでも、鬼が怖い子、反対に鬼になりたい子など、1人1人の様子は様々です。
大人が一緒になって遊び、それぞれの気持ちを代弁、仲介し、“ルールのある遊び”を楽しめるようにする。
そうすることで、4、5歳ごろには、“勝ち負けのある遊び”を友達と一緒に楽しめるようになっていきます^^

食育「食器をていねいに使おう」
生活学習のテーマと同じように、食器も擬人化して伝えると、子どもたちの意欲が高まっていましたよ。
PC043370.jpg

みんなの前で見本!
PC113669.jpg
“丁寧にするんだよ”と、先生に言われなくてもできるようになっています。

お当番(食事前のあいさつを、みんなの前に立って声をかけてくれています)の子には、
お友達の食器の片づけの様子を、先生のように見守る役目もお願いしました。
PC264235.jpg
食器が重なる音が鳴らないように、丁寧に丁寧に片付ける姿を、
「先生、見ててね!」と自分から声をかけてみせてくれる様子が増えていますよ^^

今年最後の12月。29日には、もちつき&えいご参観もありますよ。
年が明けた1月。来月も、来年も、楽しく遊ぼうね^^

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TrackBack//URL
Copyright © ほいくえん たんぽぽのくに (堺市三国ケ丘). all rights reserved.