FC2ブログ
  • 06 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 08
ほいくえん たんぽぽのくに (堺市三国ケ丘)
たんぽぽのくにの日々のようすです。
CATEGORY : 堺市 保育園
たまには、ゆっくりテレビでも
DATE : 2020-01-31-Fri  Trackback 0  Comment 0
子育てに悩みはつきもの。
そんなときにおすすめなのが
NHKテレビ「すくすく子育て」
https://www.nhk.or.jp/sukusuku/index.html
いろんなお悩みに対し、専門家からのアドバイスが紹介されています。

1月には どう乗り切る?イヤイヤ期 
ということで、2回にわたって特集されていました。
  そもそも、なぜこどもはイヤイヤするの?
  そもそも、なぜわたしはイライラするの?
完全な解決を目指すのではなく、客観的に状況を整理してみることで、
ふーん、そういうことなのか!って肩の力を抜くことが大切です。
https://www.nhk.or.jp/sukusuku/p2019/799.html
https://www.nhk.or.jp/sukusuku/p2019/800.html
100107.jpg

夜泣きや、トイレトレーニングの悩みにも共通することですが、
頭では、
こどもの成長過程における一時的なもので、
永遠に続くわけではない、

と分かっているのに、感覚的には、問題がずっと続くように感じてしまい、
言いようのない不安や苦しみを、感じてしまうことがあります。

難しい言葉で言うと「心理的視野狭窄(きょうさく)」の状態になってしまい、
どんどん自分自身を追いつめてしまいます。
孤独な密室育児なら、ますますその傾向が強くなりかねません。

では、そんなときどんなアドバイスをするのか?
この番組で、保育士としても「へ~なるほど!」
というアドバイスが聞けたりします。
https://www.nhk.or.jp/sukusuku/p2019/archive.html

過去には、専門家の素顔に迫る!という特集もありました。
https://www.nhk.or.jp/sukusuku/p2017/729.html
専門家の先生なら、きっと完璧な子育てをされたのだろう・・・・と思いきや、
でてくるのは、専門家の先生たち自身の失敗エピソード。
なーんだ、完璧な子育てなんて誰もできてないじゃない!
ってなんだかホッとして、むしろ好感をもってしまいました。

残念ながら、乳幼児期で、子育ての悩みは終わりません。
学童期、思春期、、、あるいは大人になっても、悩みはいろんな形ででてきます。
もしかしたら、いつか「イヤイヤ期なんてたいした問題じゃなかった」って
感じるくらいもっと大きな問題がでてくるかもしれません。
(いや、たぶんでてきます、きっと(笑))

じゃあ、こどもなんかいなければよかった?
こどもがいなければ、順風満帆の幸せな人生だった?
いえいえ、それはそれで、いろんな悩みがでてくるんだと思います。

子育てを楽しむコツと、人生そのものを楽しむコツは、似ている気がします。
たぶん、人生を楽しめている人は、子育ても楽しむことができる。
子育てを楽しめている人は、きっと人生そのものも楽しんでいる。

問題や悩みはゼロにはならないかもしれないけど、
喜怒哀楽をうまくバランスとりながら、前を向いてすすんでいく。
われわれ保育士も、そんな姿勢でこどもとかかわり、
楽しく仕事に取り組めたらないいな、と考えています。

過去の日記
http://tanpopo92.blog118.fc2.com/blog-entry-698.html
http://tanpopo92.blog118.fc2.com/blog-entry-657.html

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TrackBack//URL
Copyright © ほいくえん たんぽぽのくに (堺市三国ケ丘). all rights reserved.