FC2ブログ
  • 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
ほいくえん たんぽぽのくに (堺市三国ケ丘)
たんぽぽのくにの日々のようすです。
CATEGORY : 堺市 保育園
新年度始まりました・・・、ね。
DATE : 2020-04-12-Sun  Trackback 0  Comment 0
感染症警戒体制のまま、新年度が始まりました。
にぎやかに、慣らし保育も始まりましたが、
史上初の緊急事態宣言をうけ、
保育園利用の自粛要請状態になっています。

保育園としても運営に際し、
さまざまな判断が求められています。
受け入れの可否はどうするか?
感染対策は?感染が出た場合は?

保育士は保育中にマスクをするのかについても、
じつは、さまざまな意見があるようです。
「当然、感染防止のためマスクする」というところが多いですが、
「1日中密接に接触せざるを得ない保育環境では、マスクをしても効果は希薄、
顔を半分隠した状態での保育は、乳幼児とのコミュニケーションにむしろ悪影響」
という考え方もあります。

一部より「アベノマスク」と称される布マスクですが、
112858.jpg

こんなマスクだったら、子どもたちも不安にならず、
いろんな表情を感じ取ってくれるかな?
112859.jpg
大きな判断として、保育園を一時閉園するか、開園継続するか、もあります。
保育園利用者には、医療従事されている方も多く、
その過酷な状況は想像に難くはありません。
保育士という仕事を通じ、微力ながらもその手助けになれるのであれば、
当園としましては、与えられた職務を全うしたいと思います。

また、自宅保育可能な場合はなるべくの登園自粛をよびかけたところ、
予想以上に多くの方が、自宅保育の選択をしていただけました。
おかげさまで、職員の出勤シフトも削減することができました。
ご協力、本当にありがとうございます。

このたびの日本の緊急事態宣言は、他国に比べ強制力が弱く不十分という声もありますが、
多くの方々や、またその勤務先の企業が、意識を高く持っておられ、
きっと、強制されなくとも期待される結果に近づけるのではないかと期待しています。

総理大臣や都道府県知事も難しい判断が求められることに対して、
その困難さに共感する企業経営者や組織リーダーも、多いのではないかと思います。
迅速な判断であることと同時に、正確な判断であることが求められます。
専門性や多くの知見を参考にすべきではありますが、その情報収集には限界があります。
未知の状況に対して決断をし、責任を負う役割。
リーダーは孤独です。

そんなときに困るのが、その判断に対して文句を言ってくる人。
根拠や代案を提示するならまだしも、一方的に文句だけ言ってくる人。
「どうするんですか?」「どうなるんですか?」「どうしてくれるんですか?」
未知なる状況に不安を持つのは当然なのですが、
未知なるがゆえに、誰しも結果はわからない。
100点以外は全部0点というような評論姿勢ではなく、
とりあえずは、選挙で選ばれ、直接間接的に託したリーダーの判断に、
最近聞かれなくなった感もありますが、「ワンチーム」で、
各自のミッションに取り組んでいくことが
必要な時なのではないかと思います。

感染症拡大の収束をむかえ、日常生活を取り戻した暁には、
このたびの件の教訓化や対策をしっかりして、
リーダーに問題があったのなら選挙に行くなり、
自ら立候補するなりすればいいと思います。

そして、自宅でおとなしくしていたぶん、おおいに労働し、おおいに消費活動し、
大きな打撃を受けた産業や経済を、盛り返すことにも協力したいと思います。
113331.jpg
http://www.kazu-miura.com/column/detail/?article=301

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TrackBack//URL
Copyright © ほいくえん たんぽぽのくに (堺市三国ケ丘). all rights reserved.