FC2ブログ
ほいくえん たんぽぽのくに (堺市三国ケ丘)
たんぽぽのくにの日々のようすです。
4月から入園のみなさま、また前年度より継続のみなさま、
どうぞよろしくお願いいたします。

今年度も、がんばって更新してまいりますので、
応援よろしくお願いします。
コメントは、連絡ノートなどにお願いします。


おしらせ
さかい保育室(堺市認証保育所)は、一定の所得以下の世帯を対象に、
保育料を月額1万から1万5000円(第2子以降は別料金)軽減されます。
申請される場合は、お渡しした軽減申請書類と添付書類をご記入のうえ、
ご提出ください。


子育てノート(過去の園だより「たんぽぽネットワーク」より)
保育園にはどのくらいで慣れるの? 
***************************************************
 8ヶ月頃以降の見知らぬ状況を理解できる子どもが、
初めて保育園に預けられると、たいてい子どもは大泣き。
保護者も「大丈夫かしら?」と子ども以上に不安だったりします。

幼児期の母子分離は、母親からの自立を意味するものではありません。
「泣いていてもほっとけばあきらめて慣れる」
「早く親が離れた状況に慣れさせるために、家でもあまりかまい過ぎない」
という考え方を、子どもみんなにあてはめるのはおすすめできません。

母親と離れても安定して過ごせるということは、
母親を必要とせず過ごせるようになるという意味ではなく、
一定時間、母親から離れても過剰な不安や緊張に襲われずに、
自分ひとりで外部世界を行動できるようになるということ、
つまり、たとえ物理的に母親から離れていても、
「母親から見捨てられたり、永遠に引き離されたりしているわけではない」
ということを子どもが理解することです。

そのためには、母親といっしょに過ごせるときにこそ、しっかり子どもと関わりあって、
お互いの信頼関係を深めることが大切です。   
                  
参考:精神科医マーラーの分離個体化理論
(※ここでいう「母親」とは広く「身近にいる特定の保護者」を指します。)
****************************************************
慣らし保育について
http://tanpoponetwork.blog19.fc2.com/blog-entry-922.html

過去の子育てノート
http://blogs.dion.ne.jp/tanpopo/archives/cat_137128-1.html

各年齢のようすなどなど
http://tanpopo92.blog118.fc2.com/blog-entry-302.html
http://tanpoponetwork.blog19.fc2.com/blog-entry-717.html
http://tanpoponetwork.blog19.fc2.com/blog-entry-592.html
http://tanpopo92.blog118.fc2.com/blog-entry-657.html

また、
たんぽぽのくにfacebookページに「いいね!」登録しておくと、
ブログ更新のお知らせが届くようになるそうです。
よろしければ、どうぞ(まだ、FB始めたてで、使い方がよくわからないのですが。)

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TrackBack//URL
Copyright © ほいくえん たんぽぽのくに (堺市三国ケ丘). all rights reserved.